【ユーキャンの実用ボールペン字講座の提出物等の中身はこちらからチェックできます – 【実際に体験!】ユーキャンの実用ボールペン字講座の効果口コミは? – 評判や特徴も確認】

 

ユーキャンの実用ボールペン字講座は、のべ200万人が受講した超人気講座です。しかし、SNS上などでは「効果がない」「やめた」などの口コミも見受けられます。
なぜ効果が出る人と、そうでない人がいるのでしょうか?
今回はユーキャンの実用ボールペン字講座の教材と内容を詳しく見ながら、その理由を考えていきたいと思います。

ユーキャンの実用ボールペン字講座・人気講座ランキング



ランキングも確認する
出典;出版社HP

 

1.ボールペン字講座の概要

ボールペン字講座は、ユーキャンの通信講座でも1、2を争う人気講座です。
これまでにのべ200万人が受講をしており、常に興味がある人が絶えません。

∟1日20分の練習でO K

いちばんの特徴は、その手軽さです。
見開き1ページ分のテキストを1日20分の練習をすることで、美文字にどんどん近づくことができます。
一文字一文字に注意点が細かく記載されているので、しっかり特徴を掴んで練習を進められます。

∟住所と名前をたくさん練習できる

自分の名前や住所は、何かと書く機会が多く気になってしまいますよね。
ユーキャンのボールペン字講座では、初回から名前と住所をしっかり練習することができます。
練習を始める前から課題を進めていく過程が同じ紙に納められているので、字の変化が一眼で分かるようになっています。
自分の字がどんどん上手くなっているのを見ると、モチベーションが上がりやすいですよ。

∟行書も身につけることができる

テキストの後半では、行書体の練習もできるようになっています。
行書体とは、大雑把に言ってしまうと「つづけ字・くずし字」ですね。
文字が崩れていると読みにくい印象がありますが、行書はきちんとルールを守っているので読み間違いもなく、見た目にも美しい書体です。
行書までしっかり学ぶことで、急いでいる時のメモやついつい走り書きをしてしまった文字でも、他人に見られて恥ずかしくないものが書けるようになるかもしれません。

ユーキャンの実用ボールペン字講座・人気講座ランキング



ランキングも確認する
出典;出版社HP

 

2.効果が出る人の特徴

まず、この講座でしっかりと結果が出やすい人の特徴を見ていきましょう。

∟元々の字に強い癖がある人

丸文字やバランスの取り方が悪いなど、元々の字にかなり強い癖を持つ人は、はっきりと効果が出ます。
テキストの見本をなぞり書きすることで、正しい文字のバランスを覚えることができるからです。
トメ/ハネ/ハライの特徴を抑えるだけでも、これまでの文字とは格段に見栄えが変わります。
自己流の癖を修正することで、美しい文字が書けるようになります。

∟長期的な目標で取り組んだ人

1日20分の練習時間は毎日の負担こそ少ないですが、講座全体は半年〜1年の期間を使います。
始めて2週間ほどで「効果がない」とやめてしまっては、講座の半分も消化していないことになります。
短期的な変化を期待するのではなく、少なくとも必修課題を終わらせる(それだけでも4ヶ月程度は必要になります)まで続けてみなければ、「講座の効果がない」とまでは言い切れないでしょう。

∟空き時間で楽しみながら続けた人

字が綺麗になるまでには、ある程度の反復練習が必要です。実用ボールペン字講座にはテキスト以外にも、副教材としてあて名便利帳や楷書行書辞典があります。これがあれば、自分の名前や住所だけでなく知り合いの名前や住所も見本を見ながらきれいに練習することができます。
これらを使って楽しみながら練習をすることがで、必然的に練習時間が多くなりより効果が出やすくなるでしょう。

ユーキャンの実用ボールペン字講座・人気講座ランキング



ランキングも確認する
出典;出版社HP

 

3. 効果が出ない人の特徴

では逆に、効果が出ない人はどんな人でしょうか?

∟テキストしかやらない人

実際に講座を受講してみたからこそ「1日20分の練習だけで字は綺麗にならない」と断言できます。
1日20分とは、テキストの消化にかかる時間です。講座を“受講するだけ”なら、この時間で間違いなく終えることができます。
しかし、日常的に美しい字を書くためには反復練習が必須になるのです。
テキストを消化するだけという受動的なやり方では、効果は出ないでしょう。

∟ペンの持ち方や姿勢が間違っている人

字がうまく書けない人は、そもそもペンの持ち方や手の動かし方に問題があるのかもしれません。
・筆圧が強すぎてすぐに手が疲れてしまう
・お手本の字のように線が真っ直ぐ書けない
・手首を使わずに指先だけでペンを動かしている
など、手本を上手に再現できない理由は様々な原因が考えられます。
この講座の中では、ペンの持ち方や姿勢は最初にさらりと書いてあるだけですが、学びオンラインプラス」では動画で姿勢やペンの持ち方、ペン運びを丁寧に解説してくれています。
こういったサポートも活用しながら根本的な改善を目指す必要があり、効果が出るまでに時間がかかるでしょう。

∟課題を提出しない人

練習を続けて変化が現れると、つい「字が綺麗になった」と思ってしまいます。
また、練習した量に比べると課題は文章が短く「これくらいなら書いても書かなくても変わらないだろう」というように感じてしまうかもしれません。
しかし、自分から見て上手にかけた字でも、プロの目から見れば「もっと上手くなれるポイント」が出てくることがあります。
この講座の肝は、プロに自分の字を添削してもらえることです。ぜひ活用して、より美しい字の定着を目指しましょう。

ユーキャンの実用ボールペン字講座・人気講座ランキング



ランキングも確認する
出典;出版社HP

4. 効果がでるまで継続するためには

いかがでしょうか。
やはり講座を“受講するだけ”では美しい字が書けるようにはなりませんね。
効果が出る人と出ない人の大きな違いは、受講に対する意識と練習の継続にあるようです。
では、効果が出るまでしっかり継続するためにはどんな工夫ができるのでしょうか?

∟目標を高く持ちすぎない

まず大切なのは、綺麗な字を書くための目標設定を低めに設定することです。
「常にお手本のような字を書けるようになる」というのは、講座の受講期間だけではなかなか難しい目標です。
お手本の字と見比べて落ち込むのではなく、受講前の自分の字との変化に目を向けながら練習をすると、モチベーションが続きやすくなります。

∟日々のルーティーンに入れ込む

テキストの消化と字の練習を、完全に生活に入れ込んでしまいましょう。
「空き時間でやろう」と思っていると、つい理由をつけてサボってしまいます。
「子供を送り出した直後にテキストを開く」「眠る前の歯磨きとセットにする」など、毎日行っていることに結びつけて学習時間を取ることで、日々の練習時間を確保することにつながります。

∟学習サイト「学びオンラインプラス」を活用する

テキストばかりに集中して、一人で黙々と行っているとつい気持ちが落ち込んでしまいます。
そんな時は、講座受講生なら誰でもアクセスできる「学びオンラインプラス」を利用しましょう。
テキストとは別の媒体で情報を見ると、新鮮な気持ちになることができます。
また、よくある質問にはつまずきやすいポイントや共感できる悩みへの解消方法などが紹介されています。
「自分だけがこんなにつまずいているわけではない」と気付くだけでも、モチベーションが上がるきっかけになります。

ユーキャンの実用ボールペン字講座・人気講座ランキング



ランキングも確認する
出典;出版社HP

 

効果が出る人と出ない人の違いとは?ユーキャンの教材とサポート体制について考えるのまとめ

ユーキャンのボールペン字講座は、基本的に字が綺麗に書けるようになる効果があります。
しかし、様々な理由から講座のためにまとまった時間が取れないことや、継続するモほどのチベーションが上がらなくなることもあるでしょう。
そんな時は、副教材やネットのサポートを利用するなどして、気分転換や休息をとることができます。
講座の内容は、テキストと添削が全てではありません。
効果が出ないと感じ始めたら、これらを活用してみてください。